売れない犬が可愛そう

犬を買うということを知ったのはいつだったか。

実家では二度、犬を飼いましたが、どちらも知人から譲ってもらった犬でした。

だいたい犬って赤ちゃんが生まれると10匹くらい生まれたりするから飼い主は引き取り手に困るみたいで、もらって欲しいと言われてペットフードもつけてもらったり。
ま、雑種なんだからなんでしょうけど。

ペットショップで犬を買うということを知ったとき、何だかショックだったなあ。
何十万も出して犬を買うなんて。

そしてすぐに飽きて捨てる人もいるんでしょ。
中には捨てられた子犬を拾ってくる子どももいるのにね。

それに犬って人間以外の動物では一番人間に近いというか家族のような存在になるのだから買うという行為が信じられなくて。

それにしても、先日ペットショップの前を通ったら売れない成犬が格安で売ってました。
たしか数千円だったかな。

ここまで大人になった犬だと、もはやペットショップが我が家なワケで、買主になつくのかな、と考えてしまいました。

人間の子どもだったら明らかに有り得ないですよね。
人間と犬を比べるからいけないのかもしれないですけど。

Comments are closed.